​連枝書道會展とは

古典および先人の書を基に立脚した現代の書を創造することを目的とし、書道芸術の相互錬磨のため、伝統の書から最先端の現代書まで、あらゆる分野を結集する総合展です。

また、日本文化である書道を振興・普及させるため、若年層から指導・教育を行い書道文化の興隆発展と、寄与することを目的とした『連枝書道會展』の公募展覧会を運営、実施しています。若年層の指導・教育を発表の場として連枝書道會展はU23(23歳以下)の枠を設け、中学校修了者から23歳までの方が出品可能となっております。

【古典に立脚】の志を忘れないために「拓本展」や「法帖展」などの企画展も運営、開催していきます。

図録販売

表紙.jpg

第2回連枝書道會展で陳列した会員作品、受賞作品のが収録された図録

価格 1冊 1,000円(税込)

 

会 場    :   目黒区美術館 区民ギャラリー
会 期    :    2022年1月6日(木)~10日(月)
      AM10:30~PM6:00
     (入場は閉30分前まで、最終日はPM4:00閉会)
入場料    :    無 料

主 催 : 連枝書道會

​後 援 : 毎日新聞社 ㈶毎日書道会

get_adobe_reader_160x41.jpg
 

図録販売

表紙.jpg

第1回連枝書道會展で陳列された会員作品、受賞作品、公募入選作品の全てが収録された記念図録

価格 1冊 2,500円(税込)